床の間と縁側の思い出〜失われつつある昔ながらの住宅

床の間と縁側の思い出〜失われつつある昔ながらの住宅

私の主人は転勤族で、自分たちで探した賃貸マンションに住んでいます。
お困りのことがあれば東京 設計事務所で相談に乗ります。
いわゆる借り上げ社宅で、結婚5年目にしてすでに3軒目です。
お探しの渋谷区 設計事務所をお選びください。
予算内で好きな所に住めますから、念願のL字キッチンの真新しいマンションに住めた時は嬉しかったです。
参考までに注文住宅 設計事務所を選んでみてください。

 

が、どんなに気に入った物件でも、一生住みたいと思うことはありません。
一つ所に長く落ち着いて暮らせるのなら、私の住みたい理想の住宅は、田舎の祖父母の家です。
不明な点がありましたら注文住宅 設計事務所を比べてみてください。

 

昔ながらの日本の家という感じで、襖に仕切られた座敷が3部屋続き、一番奥には床の間があります。
掛け軸や花が飾られたその空間が小さい頃から大好きでした。
また縁側があり、子供の頃はそこで祖父母と共にお月見をした思い出があります。
足をぶらぶらさせながら縁側に腰掛け、庭の草花を見ているだけでも楽しくて仕方なかったです。

 

その縁側は晴れた日はいつも開けっ放しでしたが、今では防犯を考えると危険なことになってしまいます。
物騒な世の中になるに連れ伝統的な家がなくなっていくのは、とても残念なことだと思いす。
問題が発生しましたら東京 デザイン住宅吟味してみてください。