落ち着いてきた過払い金

日本と海外の広告代理店の違いとは

広告代理店と言われると日本においては電通や博報堂の印象が強く、まるでそれらの企業が日本を裏で牛耳っているかのような陰謀論を込めて語られることもありますが、実は日本の広告代理店の力は世界的にはほとんど皆無に近いことをご存知でしょうか。
お困りのことがあれば広告代理店 東京で相談に乗ります。
電通は確かに世界第五位の規模を誇る巨大な広告代理店なのですが、その業務は日本国内で完結しておりグローバルな企業ではありません。
お探しの広告代理店 千葉をお選びください。
これは日本と世界では広告代理店のシステムに大きな違いがあるためです。最大の違いは一業種一社制と呼ばれる世界的には常識となっている制度が日本には存在しないという点です。一業種一社制とは簡単に言えば、同じジャンルで競合している他社同士の製品を同時に宣伝しないというもので、たとえば自動車であればトヨタとホンダの製品を同じ広告代理店が扱うことはできません。この制度によって海外では複数の広告代理店がまさしく商品の代理戦争を行うシステムになっているのです。